スポンサードリンク

2009年11月12日

糖尿病の食事療法

糖尿病の食事療法

糖尿病合併症を防ぐための食事療法について考えてみたいと思います。

糖尿病合併症を防止するための食事療法で特に注意することは、栄養が偏よるため
外食はできるだけ避けることです。

なるべく自宅で栄養バランスとカロリーを考えた食事をするようにしましょう。

食事の中身だけでなく、食事の仕方についても糖尿病の合併症を防ぐための食事療法
として気を配らなければいけません。

食事の仕方で意識して注意することは、何かをやりながら食事をとったり、
まとめていっぺんに食べてしまったりすると、食べ過ぎてしまいます。

このような食事の仕方が続くと、すぐカロリーオーバーしてしまいますので、
やめるようにしましょう。

特に糖尿病の治療中でインスリン注射をしている人や、糖尿病の薬を飲んでいる人は
規則正しい食生活をして、自分にあった食事量を守ってください。

そうでないと、一生懸命に糖尿の薬を飲んでもせっかくの糖尿の薬の効果が期待できません。

もし、仕事の都合などでどうしても外食をする必要があれば、外食するのは1日に1回
程度にしておきましょう。

糖尿病では、食べてはいけない食べ物が特にあるわけではないので、栄養バランスと
カロリー摂取量に気をつければ大丈夫です。

糖尿病の合併症を防ぐための食事は、特別なものではありません。
糖尿病食事献立は、栄養バランスを考え、血糖値の急な上昇を抑えるように
考えてつくられています。

ですので、糖尿病の食事は、特に身体の異常がない健康な人でも病気の予防の
ために取り入れることは大切なことだと思います。

もし、先祖からの体質遺伝で糖尿病になる可能性が高い場合でも、毎日の食事療法
を習慣化することで、糖尿病になりにくい体質に変えることができると思います。

糖尿病合併症を防ぐ糖尿食は、味気がなく物足りないと感じる人が多いようですが、
実際食べてみるとそんなことはないという感想の人も多いです。

健康であっても予防の為に一度、糖尿病食を試してみてもいいかもしれませんね。


posted by かずちゃん at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 糖尿病の食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。